メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正入管法

宿泊業学ぶ留学生急増 日本の「おもてなし」知りたい 業務に制限、進路狭まる不安

「NIPPONおもてなし専門学校」で旅館の元おかみから日本の文化を学ぶ留学生たち=前橋市で2018年10月15日、長谷川直亮撮影

 外国人に事実上の単純労働分野の道を開く改正入管法は、受け入れ業種も25日に正式決定し、深刻な人手不足で対象となった宿泊業界から歓迎の声が上がる。草津や伊香保など全国有数の温泉地を抱える群馬県では、需要を先取りするように、旅館でのおもてなしを専門学校で学ぶ留学生が急増している。ところが、地元業界からは彼らが新制度で置き去りにされるとの不満の声も漏れてきた。【杉直樹】

 「旅館のお部屋に着いたら、お茶をおいれします。それは意味がある。遠くから来て上がった心拍数を抑える…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1099文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 運転免許返納 入浴料割引、ドリンクサービスも 横浜・天然温泉満天の湯 /神奈川
  4. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  5. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです