メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代へ

高校ラグビー100年/5止 土佐塾(高知) トンガ仕込み、自信アリ

 7大会連続出場の土佐塾(高知)は前回大会で19大会ぶりに勝利を挙げたが、引き分けた2回戦は抽選の末、3回戦進出を逃した。今大会は1回戦で、2大会前に逆転負けした青森北と対戦する。ここ数年は試合終盤のスタミナ切れが続いているだけに、浜口彪雅主将(3年)は「60分間走り続けたい」とノーサイドまで走り切ることを目指している。

 高知県勢は、土佐塾を含めて花園で過去3勝しか挙げていないが、西村保久監督(51)は「かつては出場しても大差で負けてばかりだったが、最近は花園で勝利することがチームの身近な目標になっている」と底上げを感じている。今年度は選抜チームで臨んだ福井国体(少年の部)で初めて勝利を挙げ、高知県全体のレベルアップを示した。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 新型コロナ 合唱飛沫、前列へ前列へ 4人テーブル、隣の席が「最大」 理研など分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです