メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IWC脱退公表は1日遅れ 25日に閣議決定、関係各国に説明

 政府は国際捕鯨委員会(IWC)脱退を25日に閣議決定していたが、関係各国に説明するため26日まで公表を控えた。30日には環太平洋パートナーシップ協定(TPP)、来年2月には日・欧州連合(EU)経済連携協定(EPA)がそれぞれ発効することから、反発をできるだけ抑えようと腐心した。

 閣議決定を一定期間伏せる案件は「件名外案件」と呼ばれ、2国間協定の相手国とタイミングを合わせる場合などに特例的に用いられる。菅義偉官房長官は26日の記者会見で「関係国との調整を含め、諸般の事情を総合的…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです