メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空の年間発着数を再検討へ 大阪万博で機能強化

 関西エアポートは26日、環境影響評価(アセスメント)で上限とされた関西国際空港の年間発着回数(23万回)について拡大に向け再検討する方針を明らかにした。年明けにも協議を始める。西尾裕専務執行役員は定例記者会見で「航空機の性能が高まっている。現状の観測結果を基に、環境に大きな悪影響がない発着回数の再…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです