メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

捕鯨は領海やEEZ内で 南極海など公海は撤退

 政府は26日、クジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、来年7月から商業捕鯨を再開すると発表した。反捕鯨国が過半数を占めるIWCの枠組みでは、再開のめどが立たないと判断した。南極海や北西太平洋で実施してきた調査捕鯨は今年度で打ち切る。来夏に約30年ぶりに再開する商業捕鯨は、日本の領海や排他的経済水域(EEZ)に限る。国際的な批判が強かった公海での捕鯨をやめることで各国の理解を得たい考えだ。

 政府は25日にIWC脱退を閣議決定。他の主要加盟国と調整の上、菅義偉官房長官が26日、談話の形で発表した。菅氏は談話で「鯨種の中には十分な資源量が確認されているものがあるにもかかわらず、保護のみを重視する国々からの歩み寄りは見られない」と脱退理由を説明した。脱退、加盟をとりまとめる米国に26日付でIWC脱退を通知し、来年6月末の脱退が決定。それ以降、商業捕鯨が可能になる。

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  3. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 新型肺炎、高齢者や持病ある人に高い致死率 対策難しい無症状の人からの感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです