メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「民間圧迫」批判根強く ゆうちょ銀の限度額引き上げ

2015年10月6日、中村琢磨撮影

 ゆうちょ銀行の限度額が現行の1300万円から2600万円に増額することになった。利用者の利便性向上を重視した結果だが、地方銀行など民間金融機関では収益悪化が進んでいるところもあり反発の声も出ている。集めた資金をどう有効に運用するかも問われそうだ。

 限度額引き上げは、郵政民営化委員会が2015年に出した所見で「特段の問題が生じないことが確認できれば、段階的に規制を緩和することが考えられる」としたことや、現行の1300万円では退職金などまとまった金額を預け入れできないなどの指摘があったことが背景にある。

 地銀などからゆうちょ銀への預金シフト懸念は根強くあるが、郵政民営化委の岩田一政委員長は26日の記者…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです