メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大規模な山体崩壊、衛星観測で解析 インドネシア津波

地球観測衛星「だいち2号」が大きな噴火の発生前後に捉えた地形データの解析画像。噴火後に中央の火山島の南西部が消失している=国土地理院提供

 インドネシア・スンダ海峡で22日に発生した火山島の噴火に伴う津波で、国土地理院が噴火前後の衛星観測データを解析して比較したところ、2キロ四方の火山島の半分近くが噴火後に消失していたことが判明した。地球観測衛星「だいち2号」の観測で、大規模な山体崩壊が津波を引き起こしたことを裏付ける結果となった。

 地理院は衛星を運用する宇宙航空研究開発機…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです