メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「南北鉄道」連結へ 北朝鮮の開城・板門駅で着工式

 【ソウル堀山明子】韓国と北朝鮮は26日、北朝鮮の開城(ケソン)にある板門駅で南北間の鉄道・道路連結事業の着工式を開催。南北の閣僚のほか中国、ロシア、モンゴルや国際機関の高官ら約200人が参加した。9月の南北首脳会談で合意した「年内に着工式」を実現させることで南北融和ムードを持続させる狙いがある。

 実際の工事は、北朝鮮の非核化が実現し、国連安保理の制裁が完全に解除された後になる。韓国側は26日早朝、ソウル駅から特別列車で境界線を越えた。

 韓国の共同取材団によると、着工式あいさつで北朝鮮の金潤革(キム・ユンヒョク)鉄道省次官は「他人の顔…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです