メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「南北鉄道」連結へ 北朝鮮の開城・板門駅で着工式

 【ソウル堀山明子】韓国と北朝鮮は26日、北朝鮮の開城(ケソン)にある板門駅で南北間の鉄道・道路連結事業の着工式を開催。南北の閣僚のほか中国、ロシア、モンゴルや国際機関の高官ら約200人が参加した。9月の南北首脳会談で合意した「年内に着工式」を実現させることで南北融和ムードを持続させる狙いがある。

 実際の工事は、北朝鮮の非核化が実現し、国連安保理の制裁が完全に解除された後になる。韓国側は26日早朝、ソウル駅から特別列車で境界線を越えた。

 韓国の共同取材団によると、着工式あいさつで北朝鮮の金潤革(キム・ユンヒョク)鉄道省次官は「他人の顔…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです