メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本の農家、イノシシ肉をネット販売 車椅子の男性店長が活躍

パソコンの前で「販売面で結果を出して農家ハンターの活動を支えたい」と話す宮川誠さん=熊本県宇城市で2018年12月4日、福岡賢正撮影

 深刻化するイノシシ被害から田畑を自衛するため熊本県内の若手農家たちが作る「くまもと☆農家ハンター」が、箱わなで捕獲したイノシシの肉を販売するためのネットショップを「楽天市場」に開設した。店長としてホームページ作成から受注、商品の手配、発送まで手がけるのは頸椎(けいつい)を損傷して車椅子生活を送る同県宇城(うき)市三角(みすみ)町戸馳(とばせ)島の宮川誠さん(40)だ。

 誠さんは農家ハンターの代表で洋ラン農家の宮川将人(まさひと)さん(40)と幼稚園から中学校まで同級…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです