熊本の農家、イノシシ肉をネット販売 車椅子の男性店長が活躍

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パソコンの前で「販売面で結果を出して農家ハンターの活動を支えたい」と話す宮川誠さん=熊本県宇城市で2018年12月4日、福岡賢正撮影
パソコンの前で「販売面で結果を出して農家ハンターの活動を支えたい」と話す宮川誠さん=熊本県宇城市で2018年12月4日、福岡賢正撮影

 深刻化するイノシシ被害から田畑を自衛するため熊本県内の若手農家たちが作る「くまもと☆農家ハンター」が、箱わなで捕獲したイノシシの肉を販売するためのネットショップを「楽天市場」に開設した。店長としてホームページ作成から受注、商品の手配、発送まで手がけるのは頸椎(けいつい)を損傷して車椅子生活を送る同県宇城(うき)市三角(みすみ)町戸馳(とばせ)島の宮川誠さん(40)だ。

 誠さんは農家ハンターの代表で洋ラン農家の宮川将人(まさひと)さん(40)と幼稚園から中学校まで同級生で隣同士。農協職員だった21歳の夏、自宅近くの砂地の海にいつものように飛び込んだところ、砂が人工的に補充されて浅くなっていたため頭部を強打して首の骨を折り、四肢まひに陥った。1年間の入院とリハビリの結果、何とか両腕が動くようになり、自力で車椅子での移動と車の運転ができるまで回復した。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文960文字)

あわせて読みたい

注目の特集