メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性市議に「代引き商品」送りつけ、前川氏講演司会がきっかけ? 護憲派運動家や弁護士にも

村上聡子・北九州市議の事務所に6月に送りつけられたブラジャー16枚=村上市議提供

 議員や弁護士、市民運動家の女性に、注文していない商品が代引きで送りつけられる被害が相次いでいる。被害者は「『物言う女性』を狙った悪質な嫌がらせだ」と訴え、うち1人は偽計業務妨害容疑で警察に刑事告訴した。【中川聡子】

 北九州市の村上聡子市議の事務所には6月~10月末に計10回、さまざまな商品が届いた。最初はブラジャー16枚(約3万円相当)で、事情が分からずスタッフが代金を払ったが、その後も青汁や健康食品など身に覚えのない物が次々に届いたため、以降は受け取りを拒否した。メッセージなどの同封はなかった。

 村上市議が販売元に問い合わせたところ、通信販売の新聞広告や折り込みチラシの添付はがきで注文があったという。差出人は村上市議になっていたが、生年月日欄には実際と違う年月日が記され、消印はすべて「山口」だった。

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです