メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者虐待、過去最多の2618件 施設虐待件数が8割増

 厚生労働省は26日、2017年度の障害者虐待件数が2618件だったと発表した。前年度に比べ98件増えて過去最多。特に施設職員による虐待が増えており、厚労省は「施設側が自ら通報するケースが増えていることが要因」とみている。

 厚労省によると、17年4月~18年3月に7714件の通報があり、うち2618件、3544人が虐待されたと認定された。いずれの数字も統計を取り始めた12年度以降で最多だった。

 虐待を受けた人の障害の種類別では、重複障害を含め、知的1825人、精神1101人、身体720人。加害者別では、親族など養護者1557件、雇い主597件、利用する施設の職員464件だった。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  3. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  4. 参院長野補選 立憲が弟の羽田次郎氏擁立へ 野党統一候補の見込み

  5. コロナ禍で東京オリンピックは開催できるのか 首相の経済回復願望と「五輪ムードない」医療の危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです