メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪大審査委、iPS角膜移植を大筋了承 24年度実用化目指す

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、損傷した角膜を再生する臨床研究について、大阪大の審査委員会は26日、西田幸二教授(眼科学)らが申請した計画を大筋で承認した。来月にも国に臨床研究の実施を申請し、承認されれば来年5月にも1例目の移植を実施できる見通しという。2024年度の実用化を目指す。

 角膜は厚さ0・5ミリ程度の黒目の表面を覆う膜で、レンズの役割をする。角膜の細胞が病気やけがで傷ついたり失われたり…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです