メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レコード大賞60年

橋幸夫さん(歌手) 実は録音も別々だった「いつでも夢を」

インタビューに答える、歌手の橋幸夫さん=東京都千代田区で、宮本明登撮影

 日本レコード大賞は今年、60回目を迎える。歌手の橋幸夫さん(75)は、第2回(1960年)にレコ大初の「新人賞」を受賞。その後、「大賞」を初めて2度受賞した歌手となるなど関わりが非常に深い。「レコ大と共に育ってきた」というこれまでの芸能活動を振り返ってもらった。【聞き手・井上知大】

歌うことなく、吉田正門下に

 ――デビューのいきさつを聞かせてください。

 橋幸夫さん 私は中学2年のときから作曲家の遠藤実先生のところで歌のレッスンを受けており、高校生にな…

この記事は有料記事です。

残り6013文字(全文6240文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです