メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
レコード大賞60年

橋幸夫さん(歌手) 実は録音も別々だった「いつでも夢を」

インタビューに答える、歌手の橋幸夫さん=東京都千代田区で、宮本明登撮影

 日本レコード大賞は今年、60回目を迎える。歌手の橋幸夫さん(75)は、第2回(1960年)にレコ大初の「新人賞」を受賞。その後、「大賞」を初めて2度受賞した歌手となるなど関わりが非常に深い。「レコ大と共に育ってきた」というこれまでの芸能活動を振り返ってもらった。【聞き手・井上知大】

歌うことなく、吉田正門下に

 ――デビューのいきさつを聞かせてください。

 橋幸夫さん 私は中学2年のときから作曲家の遠藤実先生のところで歌のレッスンを受けており、高校生にな…

この記事は有料記事です。

残り6013文字(全文6240文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです