「長距離」土屋良輔が男子の頂点に スピードスケート全日本選手権

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【全日本スピードスケート】男子1万メートルで滑走する土屋良輔。日本新記録で総合優勝した=明治北海道十勝オーバルで2018年12月26日、貝塚太一撮影
【全日本スピードスケート】男子1万メートルで滑走する土屋良輔。日本新記録で総合優勝した=明治北海道十勝オーバルで2018年12月26日、貝塚太一撮影

 長距離のスペシャリストである土屋良輔(メモリード)が男子の頂点に立った。スピードスケートの全日本選手権。「(短距離もある)総合優勝には縁がないと思っていたが、オールラウンダーでなくても優勝できることを示せた」。有力候補が軒並み離脱していくなかで少し誇らしげだった。

 前日に5000メートルを制し、日本記録を持つ1万メートルでも安定感が際立った。1周400メートルのラップタイムを2周目から終盤まで31~32秒台にまとめて粘…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

あわせて読みたい

注目の特集