メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里が久々に本格的稽古を再開

子どもたちを抱える稀勢の里=東京都墨田区の両国国技館で2018年12月26日、真下信幸撮影

 大相撲初場所(来年1月13日初日、東京・両国国技館)で進退が懸かる横綱・稀勢の里が26日、途中休場した11月の九州場所以来、約1カ月半ぶりに相撲を取る本格的な稽古(けいこ)を再開した。

 稽古は東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で非公開で行われた。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)によると、稀勢の里は同…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです