メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

今苦しんでいるあなたへ 小川たまかさん「自分の力を信じて」

ライターの小川たまかさん=本人提供

性暴力を取材するライター 小川たまかさん

 10代半ばの頃、本当に毎日がつらくて、もうダメかもしれないとばかり思っていました。何でこんなに毎日がつらいのかが分からず、ただ性格の悪い自分のせいだと思っていました。暴力や性暴力が原因のひとつだったと気づいたのは、30代になってからです。

 今、私はライターとして性暴力を取材していますが、たぶん私のようにだいぶ年をとってから自分の被害を振り返る人は少なくないのだと思います。

 10代やそれ未満のときは特に、自分の身に起こることをそのまま受け止めてしまいやすく、「変だ」と気づくことが難しいと私は思います。だからあなたが、「性的虐待」や「性暴力」という言葉を、自分の身に起こっていることだと認識して、この記事を読みに来たのだとしたら、それはものすごく賢く、力のあることだと思います。

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文1066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです