メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

今苦しんでいるあなたへ 小川たまかさん「自分の力を信じて」

ライターの小川たまかさん=本人提供

性暴力を取材するライター 小川たまかさん

 10代半ばの頃、本当に毎日がつらくて、もうダメかもしれないとばかり思っていました。何でこんなに毎日がつらいのかが分からず、ただ性格の悪い自分のせいだと思っていました。暴力や性暴力が原因のひとつだったと気づいたのは、30代になってからです。

 今、私はライターとして性暴力を取材していますが、たぶん私のようにだいぶ年をとってから自分の被害を振り返る人は少なくないのだと思います。

 10代やそれ未満のときは特に、自分の身に起こることをそのまま受け止めてしまいやすく、「変だ」と気づ…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです