メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

平成メーク、世につれ 次の時代は何?

1989年から93年ごろのバブル期=資生堂提供

 バブル絶頂期のゴージャス系で幕開けし、2011年の東日本大震災を機にナチュラル志向に一変、さらに自分だけのスタイルを探す方向へ--。平成30年間の女性のメークの流行はそんな変遷をたどってきた。女性の装いは時代や世相を映す鏡。トレンドを振り返ると、平成の軌跡が浮かび上がり、改元で始まる新時代の先行きも見えてくる。【宇田川恵】

 「一番印象に残るのは東日本大震災後です。長い巻き髪などで女らしさを強調してきた人たちが付けまつげな…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです