メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

平成メーク、世につれ 次の時代は何?

1989年から93年ごろのバブル期=資生堂提供

 バブル絶頂期のゴージャス系で幕開けし、2011年の東日本大震災を機にナチュラル志向に一変、さらに自分だけのスタイルを探す方向へ--。平成30年間の女性のメークの流行はそんな変遷をたどってきた。女性の装いは時代や世相を映す鏡。トレンドを振り返ると、平成の軌跡が浮かび上がり、改元で始まる新時代の先行きも見えてくる。【宇田川恵】

 「一番印象に残るのは東日本大震災後です。長い巻き髪などで女らしさを強調してきた人たちが付けまつげなどを一気に脱ぎ捨て『ゆるふわ系』に変わった。世の中の動きが装いに影響していると改めて感じた」。資生堂のトップヘアメイクアップアーティスト、鈴木節子さんはそう話す。

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです