メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

平成メーク、世につれ 次の時代は何?

1989年から93年ごろのバブル期=資生堂提供

 バブル絶頂期のゴージャス系で幕開けし、2011年の東日本大震災を機にナチュラル志向に一変、さらに自分だけのスタイルを探す方向へ--。平成30年間の女性のメークの流行はそんな変遷をたどってきた。女性の装いは時代や世相を映す鏡。トレンドを振り返ると、平成の軌跡が浮かび上がり、改元で始まる新時代の先行きも見えてくる。【宇田川恵】

 「一番印象に残るのは東日本大震災後です。長い巻き髪などで女らしさを強調してきた人たちが付けまつげな…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1040文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです