メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

第4回金子大蔵書展 新春、意欲的取り組み

 第4回金子大蔵書展(1月4~7日、東京・東五反田の東京デザインセンター地下2階ガレリアホール)は、「書って何?」という根源的な問い掛けに挑んでいる。新春に誠にふさわしい意欲的な試みだ。金子大蔵さんは1973年、東京都生まれ。金子卓義に師事。毎日書道展審査会員。

 テーマは「鴎亭先生のことばを書く」。自らの出自への考察が避けられない、飛び切りの難問に向かっていった様子。

 大作への取り組みが苦闘の痕跡を示している。「一つの境界に達し、そこに安住してしまうと、単に職人になってしまう。芸術家は、苦心して到達した新しい道でも、出来上ったらぶち壊して又新しいものを求める……」▽「……古典と仰がれるものは、すべてその時代の前衛である……」▽「打てば響きを生じ、切れば鮮血の〓しり出る切実なる魂の叫び」などの言葉に挑むことは「現代の書」を切り開いた鴎亭へのオマージュであると同時…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 国際線運休で帰れない…関西のベトナム人技能実習生、生活困窮深刻に

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです