メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

第4回金子大蔵書展 新春、意欲的取り組み

 第4回金子大蔵書展(1月4~7日、東京・東五反田の東京デザインセンター地下2階ガレリアホール)は、「書って何?」という根源的な問い掛けに挑んでいる。新春に誠にふさわしい意欲的な試みだ。金子大蔵さんは1973年、東京都生まれ。金子卓義に師事。毎日書道展審査会員。

 テーマは「鴎亭先生のことばを書く」。自らの出自への考察が避けられない、飛び切りの難問に向かっていった様子。

 大作への取り組みが苦闘の痕跡を示している。「一つの境界に達し、そこに安住してしまうと、単に職人にな…

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1176文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. タイで振り込め詐欺 容疑の15人全員を警視庁が逮捕 日本移送中の機内で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです