メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

第4回金子大蔵書展 新春、意欲的取り組み

 第4回金子大蔵書展(1月4~7日、東京・東五反田の東京デザインセンター地下2階ガレリアホール)は、「書って何?」という根源的な問い掛けに挑んでいる。新春に誠にふさわしい意欲的な試みだ。金子大蔵さんは1973年、東京都生まれ。金子卓義に師事。毎日書道展審査会員。

 テーマは「鴎亭先生のことばを書く」。自らの出自への考察が避けられない、飛び切りの難問に向かっていった様子。

 大作への取り組みが苦闘の痕跡を示している。「一つの境界に達し、そこに安住してしまうと、単に職人にな…

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1176文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです