メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

元患者、隠さない 82歳「回復史」本に 療養所を退所、差別に耐え子供3人

「ボンちゃんは82歳、元気だよ!」を出版した石山春平さん=東京都立川市で2018年10月4日午後2時10分、山本有紀撮影

 ハンセン病の患者だった川崎市の石山春平(はるへい)さんが、人生を振り返った本「ボンちゃんは82歳、元気だよ! あるハンセン病回復者の物語り」を出版した。「隠していたら誰にも伝わらない。僕はどんどん表に出る」と話す。【山本有紀】

 「もう来るな」。敗戦から間もない1947年夏。小学6年の石山さんは、教師から学校を追い出されたのを覚えている。ハンセン病と診断されたからだ。病気への偏見、患者への差別がまかり通っていた。それから4年間、自宅の納屋に身を隠した末、静岡県内の療養所に入れられた。

 療養所で薬を処方され1年後には完治したが、学歴も職歴もない。社会との間に高い壁ができていた。施設を…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文839文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです