メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デフバスケットボール

チャレンジ、難聴者も 15歳、活躍

米ワシントンで行われた、デフバスケットボール世界選手権大会でプレーする高山和也さん=7月(西口恵さん提供)

 聴覚障害者向けの競技「デフバスケットボール」で、岩手県雫石町立雫石中3年の高山和也さん(15)が注目を集めている。21歳以下で争う今年7月の世界選手権大会で男子日本代表に最年少で選ばれ、準優勝に貢献した。「同じ障害のある子どもに、チャレンジすることの大切さを伝えたい」と、あどけない表情に頼もしさものぞかせる。

 大会で日本代表は決勝戦まで勝ち進み、惜しくも開催国の米国に敗れた。高山さんは予選リーグを中心に数試…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文557文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです