メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

取材帳から

いじめ「認識の差」に敏感に /青森

 東北町立中1年の男子生徒(当時12歳)と青森市立中2年の葛西りまさん(同13歳)が、いじめ被害を訴えて自ら命を絶ったのは2016年8月。第三者機関による調査は時間がかかり、今年になってようやく最終の報告書が完成した。

 この間、調査のあり方や学校の対応をめぐる数々の問題が浮上した。背景には、いじめる側といじめられる側の「認識の差」に大人が鈍感であることがあると思う。同じ行為でも苦痛…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです