メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 被害者講演や討論会 来月5日、新潟で勉強会 /新潟

 障害者らに不妊手術を強制した旧優生保護法やその救済法案の問題点について理解を深める勉強会が1月5日、新潟市中央区新光町の県教職員組合会館で開かれる。

 弁護士や大学教授、障害者支援団体などで構成する実行委員会が主催。「優生手術被害者・家族の会」共同代表で自らも不妊手術を強制され国と係争中の北三郎さん(活動名)の講演や、旧優生保護法問題について考える超党派議連に所属する県内選出国会議員を交えた討論会を行う。

 旧優生保護法を巡っては、全国で15人が国に賠償を求めて提訴。議員立法による被害者への救済法案が来年…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです