インフルエンザ

注意報レベルに 県が対策呼びかけ /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は26日、インフルエンザの感染が拡大して注意報レベルになったと発表した。手洗いやマスク着用による予防対策を呼びかけている。

 県薬務感染症対策課によると、定点調査している県内の医療機関72施設で、17~23日の平均患者数が12・18人となった。国立感染症研究所が目安としている「注意報」レベルの10…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

あわせて読みたい

注目の特集