メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成つたえたい

大分平和考/3 兄の長崎原爆被爆 父に死を乞う壮絶さ /大分

 「おなかが焼けるような苦しみだったそうです。自宅の刀で、兄は父に死を乞いました。育ててくれた父に……。これが、核兵器の恐ろしさなのです」

 大分市高城台の田河豊子さん(79)は医学生で17歳の若さで亡くなった兄の克(まさる)さんの壮絶な死が忘れられない。

 長崎市郊外に疎開していた6歳の時、被爆した。爆心地から9・2キロの家の台所で、すさまじい音と光、大地の揺れを感じた。大きなけがはなかったが、被爆の影響からか、小学生の頃は、貧血に苦しんだ。

 一方、軍医を目指していた克さんは、爆心地から約500メートルの通っていた長崎医科大付属医学専門部(現・長崎大医学部)の校舎にいた。机の下に隠れたが、肩と口にやけどを負った。翌日、家に歩いて帰ってきたが、破けたズボン姿で、上着はなかった。

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです