メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
変革

第8部 JTB/16 「第三の創業」を宣言

真剣な表情で女性社員の意見に聴き入るJTBの高橋(左から3人目)=岡奈津希撮影

 「4月に経営改革がスタートしているのを知っているよね。そのためには企業の文化や風土を変えないといけない」。今年11月、JTB本社(東京都品川区)で社長の高橋広行(61)は5人の中堅・若手社員と昼食をとりながら語りかけた。「イノベーティブな会社に変化を遂げるためにはどうしたらいいか聞かせてほしい」

 2008年の金融危機後の業績の落ち込みや、消費者のパック旅行離れなど市場の変化に対応し、JTBはネットの強化や店舗の再編など改革を進めてきた。しかし、その間にもオンライン旅行会社(OTA)が破竹の勢いで成長し、世界の旅行市場でトップ3を占めるようになった。トップのエクスペディアの旅行取扱高は約10兆円(17年)と、JTBの5倍以上もの差がついている。「OTAの取り扱いは異次元で、われわれの地位は低下している」。高橋は「大きく方向性を変えるぞ」と周囲に告げ、16年から抜本的な改革に向けて構想を練ってきた。

 「今回目指すべき新体制を『第三の創業』と位置づけ、新たなビジネスモデルを構築していく」。昨年3月末…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1182文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 京都アニメ放火 「実名早期公表を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです