メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待防止

弁護士常勤、明記せず 児相配置、賛否割れ 厚労省WG報告書

 厚生労働省の社会保障審議会のワーキンググループ(WG)は26日、児童虐待に対応する児童相談所(児相)の機能強化を盛り込んだ報告書を、大筋了承した。児相が職権で親から子どもを引き離して保護(介入)する機能の強化では一定の方向性を打ち出したが、常勤弁護士の配置や中核市などへの児相設置の義務化では賛否が分かれ、両論併記となった。厚労省は来年の通常国会に児童福祉法改正案を提出する方針だが、意見が割れた課題への対応が焦点となりそうだ。

 報告書は、児相の保護機能の強化に向け、「保護」と親などの「支援マネジメント」の部署を分けるなど、都…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです