メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
IWC

日本脱退 官房長官の談話 要旨

・1988年以降中断している商業捕鯨を来年7月から再開し、国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する

・IWCで商業捕鯨の一時停止が決定されて以降、30年以上、誠意をもって対話を進め、解決策を模索した

・鯨類の中には十分な資源量が確認されているものがあるのに、持続的利用の必要性を認めない国からの歩み寄りはみられない。商業捕鯨の一時停止も90年までに見直すことが義務とされたが、されていない

・今年9月のIWC総会でも、鯨類に対する異なる意見や立場が共存する可能性すらないことが残念ながら明ら…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文516文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです