メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明党

「安倍色」懸念 改憲、衆参同日選 ブレーキ役に

 連立政権を組んできた公明党は来年の統一地方選と参院選をにらんで「ブレーキ役」の姿勢を強めている。安全保障政策や憲法問題で自民党に引きずられるばかりでは、政権に対する風向きが変わったときに公明党も批判を浴びかねないからだ。

 中期防衛力整備計画(中期防)の閣議決定が迫った14日の公明党常任役員会で、北側一雄副代表は防衛省幹部をどなりつけた。「なんで反映させないんだ。おれは認めない」

 与党ワーキングチーム(WT)が前日まとめた確認書では、護衛艦「いずも」への戦闘機搭載は「常時」では…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文918文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです