メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

「朱鎔基神話」の復活=坂東賢治

 <moku-go>

 かつて「中国のゴルバチョフ」「経済皇帝」と呼ばれ、中国経済の改革に剛腕をふるったのが朱鎔基元首相だ。中国の世界貿易機関(WTO)加盟を実現させたのも朱氏の大きな功績だ。

 引退して久しい90歳の朱氏が激化する米中貿易戦争の行方を懸念し、対米交渉に影響を与えている兆候がある。朱氏に代わって積極的に発言しているのが朱氏の下でWTO交渉の首席代表を務めた竜永図氏(75)だ。

 竜氏は市場経済の効用を重視する新自由主義の信奉者といわれ、保守派から目の敵にされたこともある。引退後は2010年までアジア版ダボス会議といわれた「ボアオ・アジアフォーラム」の事務局長を務めた。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです