メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア・トルコ

紅海周辺、軍拡争い アフリカ進出、拠点作り

 【カイロ篠田航一】中東・アフリカの海運の大動脈である紅海周辺で、中東の地域大国であるサウジアラビアやトルコが勢力争いを激化させている。背景には、紅海に面するイエメンの内戦による海上交通不安定化への懸念や、「アフリカの角」と呼ばれるアフリカ北東部への影響力拡大を狙う各国の思惑があるようだ。

 2015年3月に本格化したイエメン内戦では、イランが支援するイスラム教シーア派武装組織フーシがイエメン西部の要衝の港湾都市ホデイダを制圧。その後、フーシ幹部が18年1月に「(敵が)ホデイダに進軍すれば、紅海の通商路封鎖も含めた措置を取る」と海上封鎖に言及するなど緊張状態が続く。

 こうした中、フーシと戦うハディ暫定政権を支援するサウジは対抗措置として、紅海を挟んでイエメンの対岸…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1248文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです