メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア・トルコ

紅海周辺、軍拡争い アフリカ進出、拠点作り

 【カイロ篠田航一】中東・アフリカの海運の大動脈である紅海周辺で、中東の地域大国であるサウジアラビアやトルコが勢力争いを激化させている。背景には、紅海に面するイエメンの内戦による海上交通不安定化への懸念や、「アフリカの角」と呼ばれるアフリカ北東部への影響力拡大を狙う各国の思惑があるようだ。

 2015年3月に本格化したイエメン内戦では、イランが支援するイスラム教シーア派武装組織フーシがイエメン西部の要衝の港湾都市ホデイダを制圧。その後、フーシ幹部が18年1月に「(敵が)ホデイダに進軍すれば、紅海の通商路封鎖も含めた措置を取る」と海上封鎖に言及するなど緊張状態が続く。

 こうした中、フーシと戦うハディ暫定政権を支援するサウジは対抗措置として、紅海を挟んでイエメンの対岸…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです