MUFG

三毛氏「変革が急務」 新社長が抱負

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は26日、平野信行社長(67)が来年4月に代表権のない会長に就任し、後任に三菱UFJ銀行の三毛兼承頭取(62)を充てる人事を正式発表した。トップ交代は6年ぶり。三毛氏は持ち株社長と傘下銀行頭取を兼務する。園潔会長(65)は、代表権の無い取締役となり、三菱UFJ銀会長に就任する。

 社外取締役らで構成する指名・ガバナンス(企業統治)委員会の7回の議論を経た上で、同日の臨時取締役会で決まった。平野社長と共に記者会見した三毛氏は「フィンテックをはじめとする異業種の金融業参入など、経営環境が厳しい中、我々も変革することが急務だ。改革のスピードを上げたい」と抱負を述べた。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文560文字)

あわせて読みたい

注目の特集