iPS細胞

角膜、臨床研究へ 阪大承認、24年度実用化目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、損傷した角膜を再生する臨床研究について、大阪大の審査委員会は26日、西田幸二教授(眼科学)らが申請した計画を大筋で承認した。来月にも国に臨床研究の実施を申請し、承認されれば来年5月にも1例目の移植を実施できる見通しという。2024年度の実用化を目指す。

 角膜は厚さ0・5ミリ程度の黒目の表面を覆う膜で、レンズの役割をする。角膜の細胞が病気やけがで傷ついたり失われたり…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

あわせて読みたい

ニュース特集