メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

もうすぐお正月/下 切れ目一つ かまぼこに華

 お節料理でなじみの紅白かまぼこ。日の出を象徴する正月定番の食材で、一手間かけるだけで華やかになる。最近では「インスタ映え」の影響もあり、縁起物のかわいらしいアレンジが身近になっている。おめでたい「飾り切り」の作り方を紀文食品(東京都中央区)で教わった。

 商品を使ったメニュー開発などを手掛ける営業企画部のクッキングコミュニケーターで管理栄養士、安達祐里佳さん(24)は「飾り切りはおもてなしとして料理人が始めたといわれるが、今では家庭で楽しむようになっている。簡単に作れるので、お節料理が身近に感じられるようになるはず」と勧める。

 かまぼこを板からきれいに外すには包丁の背を使う。板との間に包丁の背を押し当て、こそげ落とすように引き下ろす。食感や風味がおいしくいただけるのは厚さ12ミリ。両端を切り落としてほぼ8等分にあたる。「のこぎりのように押し引きせず、包丁の先を使って1回ですっと切って。断面がきれいになります」と安達さん。切り落とした両端は横半分に切り、中央に切り込みを入れてくぐらせれば「手綱」になる。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文1080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです