メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

もうすぐお正月/下 切れ目一つ かまぼこに華

 お節料理でなじみの紅白かまぼこ。日の出を象徴する正月定番の食材で、一手間かけるだけで華やかになる。最近では「インスタ映え」の影響もあり、縁起物のかわいらしいアレンジが身近になっている。おめでたい「飾り切り」の作り方を紀文食品(東京都中央区)で教わった。

 商品を使ったメニュー開発などを手掛ける営業企画部のクッキングコミュニケーターで管理栄養士、安達祐里佳さん(24)は「飾り切りはおもてなしとして料理人が始めたといわれるが、今では家庭で楽しむようになっている。簡単に作れるので、お節料理が身近に感じられるようになるはず」と勧める。

 かまぼこを板からきれいに外すには包丁の背を使う。板との間に包丁の背を押し当て、こそげ落とすように引…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです