メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

時計で見る時空のゆがみ=鴨志田公男

 汽車に乗って旅行すると、時間の進み方がゆっくりになる。エッフェル塔の頂上(高さ300メートル)では、地上よりも時計の針が速く進む。

 ロシア出身の物理学者、ジョージ・ガモフが1940年に英国で出版した科学読み物「不思議の国のトムキンス」の主人公は、夢の世界でこんな体験などをする。

 実は、アインシュタインの相対性理論によれば、日常的に起きていること。でも、その効果はごくわずかなので、人間には感知できない。ガモフは相対論の内容を分かりやすく伝えるため、効果を誇張して描いてみせたのだ。

 それから80年近く。今も読み継がれる名著の仮想世界が、現実世界で体験できるようになるかもしれない。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  3. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  4. 韓国国防省、探知音は「実体が分からない機械音」 レーダー照射問題
  5. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです