メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊ラグビーW杯

国籍超え、代表背負う 「多様性こそラグビーの文化」 日本代表3次候補38人、外国出身者は17人

世界選抜との強化試合で力強い突破を図る日本代表CTBラファエレ・ティモシー(右から2人目)。多くの外国出身選手が日本代表でプレーしている=猪飼健史撮影

 <開幕まであと267日>

 ラグビーは必ずしも国籍を問わず、国・地域の代表としてプレーできる特徴がある。多様な社会・文化的背景を持つ選手たちが結束してプレーする姿は称賛される一方、波紋を呼ぶこともあった。来年9月20日に開幕するワールドカップ(W杯)日本大会を前に、ラグビーの持つ多様性の意味と可能性を考えた。【大谷津統一、谷口拓未】

この記事は有料記事です。

残り1578文字(全文1745文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです