メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊ラグビーW杯

国籍超え、代表背負う 「多様性こそラグビーの文化」 日本代表3次候補38人、外国出身者は17人

世界選抜との強化試合で力強い突破を図る日本代表CTBラファエレ・ティモシー(右から2人目)。多くの外国出身選手が日本代表でプレーしている=猪飼健史撮影

 <開幕まであと267日>

 ラグビーは必ずしも国籍を問わず、国・地域の代表としてプレーできる特徴がある。多様な社会・文化的背景を持つ選手たちが結束してプレーする姿は称賛される一方、波紋を呼ぶこともあった。来年9月20日に開幕するワールドカップ(W杯)日本大会を前に、ラグビーの持つ多様性の意味と可能性を考えた。【大谷津統一、谷口拓未】

この記事は有料記事です。

残り1578文字(全文1745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです