メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア津波

大雨で新たに発生の恐れ 火山活動続く

地球観測衛星「だいち2号」が大きな噴火の発生前後に捉えた地形データの解析画像。噴火後に中央の火山島の南西部が消失している=国土地理院提供

 【ジャカルタ武内彩】インドネシア中部ジャワ島とスマトラ島間のスンダ海峡で発生した津波で、国家防災庁は26日、津波が押し寄せた範囲は、両島海岸線の約310キロの長さに及んだと明らかにした。気象庁は噴火で崩壊したアナククラカタウ山で火山活動が続いているうえ、大雨による崩落で津波を引き起こす危険があるとして沿岸部の住民に避難を呼び掛けている。これまでに430人が死亡、159人が行方不明になっている。

 気象庁は25日夜に記者会見し「火山活動に加え、大雨で山が崩落しやすくなる危険性がある」として、住民…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです