メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露が先んじた極超音速兵器 守る手段なく「戦争の性格根本的に変える」

極超音速兵器の発射実験=26日、ロシア国防省提供・ロイター

 【ワシントン会川晴之】プーチン露大統領は26日、新たに開発した極超音速(ハイパーソニック)兵器を2019年に実戦配備すると表明した。この日の最終実験が「完璧な結果」を収めたことを受けた措置。新兵器はマッハ5以上で飛行し「戦争の性格を根本的に変える」(マティス米国防長官)とされる。米中露3カ国の激しい開発競争で、ロシアが先んじた形だ。

 タス通信などによると、カザフスタンとの国境に近いウラル南部オレンブルク州にある基地からハイパーソニック兵器を搭載したミサイル「アバンガルド」が発射され、6000キロ飛行して極東のカムチャツカ半島の標的に命中した。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです