メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺らぐスーダン デモ収まらず政権弱体化浮き彫り

スーダンのバシル大統領=トルコの首都アンカラで2018年7月9日、AP

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ北東部スーダンで、反政府デモが1週間以上続き、治安部隊との衝突も相次いでいる。25日には首都ハルツームの大統領官邸に向かう「数千人規模」(地元記者)のデモ隊を治安部隊が阻止。催涙弾や実弾が使われたという。だが、29年にわたり強権支配を続けてきたバシル大統領に対する退陣要求は収まらず、政権の弱体化が浮き彫りになっている。

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、これまでに少なくとも37人が死亡した。25日…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
  3. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです