メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2人の死刑執行 88年投資顧問ら2人殺害

岡本(旧姓河村)啓三死刑囚

 法務省は27日、1988年に投資顧問会社社長ら2人を殺害し1億円余を奪ったとして強盗殺人罪などで死刑が確定した元暴力団幹部の岡本(旧姓・河村)啓三死刑囚(60)と、元投資顧問業の末森博也死刑囚(67)=いずれも大阪拘置所=の刑を執行した。死刑執行は今年7月のオウム真理教事件の死刑囚13人の執行以来約5カ月ぶり。10月に就任した山下貴司法相による執行は初めて。今年の執行は計15人となり、一時中断した死刑が再開された93年以降で最多だった2008年と並んだ。

末森博也死刑囚

 確定判決などによると、岡本、末森両死刑囚は別の1人と共謀。88年1月、投資顧問会社「コスモ・リサーチ」の男性社長(当時43歳)と、男性社員(同23歳)を大阪市内の末森死刑囚のマンション一室に引き入れ、用意させた現金1億円を奪うなどした。その後、室内で2人を絞殺、遺体をコンクリート詰めにし、同7月、京都府南山城村の造成地に埋めた。被害者の社長は大阪・北浜の大物相場師として知られていた。

 1審・大阪地裁は95年3月に求刑通り死刑を言い渡し、2審・大阪高裁も99年3月にこれを支持。最高裁は04年9月、「冷酷、非情、残忍で、殺害行為を隠すために2人の遺体をコンクリート詰めにして土中に埋めるなど悪質」として1、2審判決を支持し、上告を棄却した。上告棄却から執行までの期間は約14年3カ月だった。

 法務省は7月、オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した元教団代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚と教団元幹部ら計13人の刑を執行。確定死刑囚は、再審開始決定を受けて釈放中の袴田巌元被告(82)=即時抗告審で取り消し、特別抗告中=を含め110人となった。【和田武士、服部陽】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  2. コンビニで成人誌取り扱い中止 8月末からセブン、ローソンで
  3. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  4. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社
  5. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです