メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿蘇のカントリーゴールド来年で幕 来場者高齢化で

阿蘇五岳をバックに約2万人のファンが集まった2004年の「カントリーゴールド」=本社ヘリから

 熊本・阿蘇山麓(さんろく)の野外会場で1989年から毎年秋に開催されてきた国内最大級のカントリーミュージックの祭典「カントリーゴールド(CG)」が、来年を最後に終了する。主催者でカントリー音楽家のチャーリー永谷さん(82)=熊本市=が明らかにした。平成とともに歩んできた祭典が31回目で幕を下ろす。

 永谷さんによると、来場者の高齢化が進み阿蘇での野外開催が年々難しくなっていたという。2020年以降は熊本市中心部で屋内開催を検討している。

 永谷さんは、87年にオープンした同県南阿蘇村の野外劇場「アスペクタ」の活用を県から相談されてCGを発案。初開催の89年からグラミー賞歌手の故ロジャー・ミラーら大物が出演して約2万人が集まり、翌年から10月第3日曜は「約束の日」に定着した。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです