メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共通テスト試行調査、理系3科目で低正答率 マーク式正答率公表

試行調査のマークシート式の科目別正答率

 大学入試センターは27日、センター試験に代わって2020年度に始まる大学入学共通テストの試行調査(プレテスト)のマーク式問題の正答率を公表した。科目ごとの平均正答率はおおむね想定していた5割程度となったが、数学1・Aと物理、生物の3科目は3割台と低かった。これらの科目は知識だけではなく、思考の過程を重視した問題となっており、センターは難易度を調整したうえで本番の作問にあたるとしている。

 試行調査は11月、高校2、3年生約7万人を対象に、国語▽数学▽地理歴史▽公民▽理科▽英語――の6教…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文714文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです