メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る

宜野湾と宮古島の市民「投票権を奪わないで」 県民投票実施せずに抗議の声

市役所に集まった市民から「投票の権利を奪わないで」と迫られる松川正則・宜野湾市長(中央)=沖縄県宜野湾市で2018年12月27日午前8時51分、遠藤孝康撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票(来年2月24日)を巡り、宜野湾市と宮古島市の市長が「投票を実施しない」と表明したことに対し、両市の市民から「投票権を奪わないで」と抗議の声が上がっている。市民有志が再考を申し入れたほか、市長を相手取って損害賠償を求める集団訴訟の提訴を検討する動きも出ている。

 宜野湾市役所には27日朝、辺野古移設に反対する「島ぐるみ会議ぎのわん」のメンバーら約30人が詰めか…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文982文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです