メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園磨いて次世代に W杯準備に奔走する元選手がエール

開幕を前に高校ラグビーの思い出を語る東大阪市花園ラグビー場スタジアムマネージャーの奥井幸史さん=東大阪市で2018年12月15日、幾島健太郎撮影

 第98回全国高校ラグビー大会が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。選手らが入場行進した「聖地」は、来年9~11月に開かれるラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に向け、生まれ変わった。「スタジアムマネージャー」としてW杯の準備に奔走する市職員の奥井幸史さん(44)は「ベストのプレー、試合でW杯イヤーを盛り上げてほしい」とエールを送る。

 奥井さん自身も天理高(奈良)3年の時、72回大会で花園に。進学して天理大でプレーした後、「ラグビー…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  3. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  4. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです