高校ラグビー 廃部寸前から復活 新田が猛攻で13大会ぶり白星

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【新田-山形中央】後半、新田がラックからパスをつないで加藤がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月27日、森園道子撮影
【新田-山形中央】後半、新田がラックからパスをつないで加藤がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月27日、森園道子撮影

全国高校ラグビー・1回戦(27日)

 古豪が復活の一歩を刻んだ。新田は12トライ、80得点の猛攻で13大会ぶりの白星。2年生で主将を務めるSO戒田は「1勝できて、記録にも記憶にも残る」と喜んだ。

 前半開始1分、敵陣22メートルライン付近の密集から左へ展開し、最後はWTB大村が先制トライ。一方、控えが1人だけの山形中央も必死に食らいつくが、さすがに足が止まった。そ…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集