メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー 新装した「花園」で新たな歴史を

開会式で一斉行進する各校の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月27日午前10時41分、本社ヘリから大西達也撮影

 来年のワールドカップ(W杯)日本大会に向け新装した「花園」で、平成最後の大会が幕を開けた。選手宣誓では大津緑洋(山口)の末次遥人主将が「この新たな聖地、花園ラグビー場において、世界中の方々に感動を届けます」と宣言した。

 関西協会の坂田好弘会長も感慨深げだ。すでに日本代表戦などは行われているが、高校生にとって花園はまさに憧れの地。「ここでのプレーは、選手にとっ…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  3. 原発事故、安倍政権扱った作品問題視か ウィーンの芸術展、日本大使館が公認取り消し

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです