メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

誓い合った「母の分まで」 3兄弟で花園出場 大阪朝鮮・李主将

初戦突破に向け、練習に励む大阪朝鮮の李承信主将=東大阪市で2018年12月14日午後2時57分、加藤佑輔撮影

 東大阪市花園ラグビー場で27日開幕した第98回全国高校ラグビー大会で、4大会ぶりの出場を果たした大阪朝鮮(大阪第2)が28日、初戦に臨む。左センターの李承信(スンシン)主将(3年)は、同校で主将を務めた兄2人に続いて「聖地」に立つ。6年前に母永福(ヨンボク)さんを乳がんで亡くし、兄弟で「母の分まで生きる」と誓い合って練習に励んできた。

 李3兄弟は神戸市で生まれ育った。長兄の承記(スンギ)さん(22)は高1から3年連続で、次兄の承※(スンヒョ)さん(19)は高1で花園に出場。いずれも3年時には主将に就いた。それぞれ法政大、帝京大でラグビーを続ける。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  2. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです