鹿島の小笠原が引退 クラブ計17冠獲得に貢献

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
引退を表明した鹿島の小笠原(左)=カシマサッカースタジアムで2018年12月1日、藤井達也撮影
引退を表明した鹿島の小笠原(左)=カシマサッカースタジアムで2018年12月1日、藤井達也撮影

 サッカーのJ1鹿島は27日、元日本代表MFの小笠原満男(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。小笠原はクラブを通じ「これまで自分を支えてくれた方々に感謝しています。鹿島で引退できることをとてもうれしく、誇りに思います」とコメントした。

 岩手県立大船渡高から1998年に鹿島入り。2006年シーズンにイタリアのメッシーナでプレーした以外は鹿島一筋を貫き、…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

あわせて読みたい

注目の特集