メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仕事納め

平成最後 来年こそ大過なく

ボランティアの受け付けをする職員ら=岡山県倉敷市真備町川辺で28日、益川量平撮影

 大災害や事件に揺れた2018年もあとわずかとなり、省庁や自治体の多くで28日、平成最後の「仕事納め」を迎えた。職員たちは一年を振り返り、「来年こそはよい年に」と気持ちを新たにした。

やるべきこと山積 真備

 西日本豪雨で広範囲に浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町地区の市災害ボランティアセンターでは28日、来訪した約100人のボランティアをスタッフがせわしなく受け付け対応していた。

 センターにはこれまで6万人以上のボランティアらが来訪した。真備町地区には今も壊れたままの住宅がたく…

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです