メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

選者・仲畑貴志さんと選ぶ万能川柳2018年

 大阪北部地震、西日本豪雨、大型台風、北海道地震など各地で災害が続いた2018年。平昌五輪やサッカー・ワールドカップ(W杯)など明るい話題もあったが、国政では「森友・加計問題」が未解明のまま、財務省の決裁文書改ざんなどで政治・行政への信頼が大きく揺らいだ。世界では史上初の米朝首脳会談後も、各地で緊張が続く。本紙朝刊の人気連載「仲畑流万能川柳」に今年掲載された約6400句から、選者の仲畑貴志さんと本紙がさらに選び抜いた80句で、一年を振り返った。(カッコ内は掲載月日)

忖度でモリはつぶれてカケできる 千葉 元軍国少年(2・24)

証拠出せ出てくりゃ記憶消えて行き 入間 元々帳じり(5・18)

この記事は有料記事です。

残り2478文字(全文2774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです