メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かながわの書

中学2年生4人の作 旭谷朗抱さんが講評 /神奈川

 今月の「かながわの書」は、中学2年生4人の作品を掲載します。講評は毎日書道展審査会員の旭谷朗抱さんにお願いしました。

臨書を良く表現 鬼頭健太さん

 <講評> 伸び伸びとした線質で、とてもおおらかさを感じさせる作品だ。臨書の雰囲気が良く表現され、さらに緩急があり、その特徴を良く捉えている。今後もこの調子で頑張ってほしい。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文486文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです